援助交際相手と長続きするには?

援助交際といっても、成人同士の付き合いなら罰せられることはありません。また、お金のやりとりがされる関係でも、それがホテルや食事代などに使われるのであれば、法律に触れることもないでしょう。いわゆるセフレのような関係になりますが、そうした相手とは、どれくらいの間その関係が続くのでしょうか。
それは、その人がその関係をどれだけ続けたいのかによっても変わってくるでしょう。短い間、もしくは一度きりの関係でいい人は会うだけでいいでしょうし、長く続けたい人はそれに見合った相手を選び、対応をすることがポイントです。色々な人と関係を持つこともいいかもしれませんが、ウマイ話ばかりじゃないので信頼出来る相手を見つけるのもポイントになるでしょう。
ウマイ話ばかりじゃないというのは、援助交際にはトラブルがつきものだということです。全てがトラブルになるわけではありませんが、性欲が強く動くので気持ちが先に行きすぎて、事が起きてからでは遅い経験をしている人が多くいます。浮気がバレるのもこうしたことが原因ではないでしょうか。
なので、恋人がいる人が援助交際相手と長続きさせたい場合はより繊細に周りを意識しながら生活しないと、ちょっとしたことがきっかけで恋人にバレることもあるでしょう。また、恋人がいるならいつまで援助交際相手と関係を続けたいのかを決めておくことも大切です。
バレようがない関係ならまだしも、それは自分が思いこんでいるだけで「なんでそんなこと知ってるの?」と自分が思うような出来事が起こらないとも限りません。浮気に関係することは自分が見ている方向以外から見ることは中々難しく、夢中になっていればいるほど恋人が別な方向から自分を見ていることに気がつかないこともあるでしょう。
ここでのテーマは、恋人がいてもいなくても援助交際相手と長続きするにはどうすればいいかということで、1つのポイントは長続きしてもいいという相手を選ぶということです。例えば、飲み会の後の勢いで関係を持ってしまったり、ちょっと間が指しただけの関係なら長続きしないかもしれません。
相手が長続きさせたいという人ならいいですが、一度だけならいいという人もいるので、全ての人に当てはまるわけではないので覚えておきたいところです。また、長続きさせてもいいと思ってもらえるような対応をすることも大切です。自分のことしか考えない関係だと、相手も疲れてしまうでしょう。
相手が自分といて居心地がいいとか、何かのメリットを与えることが大切です。それがあるから相手は自分といたい、自分は相手といたいというものがあればあるほどその関係は続きやすいでしょう。それは、援助交際という範囲を超えて友達のような関係だと、さらに会い続けることが出来ると思います。
会っていてもつまらなかったり自分と合わないと感じている、さらに体の相性も合わないとなればやはり会い続けたいと思わないかもしれません。また、自分と相手の会える時間や環境もポイントになるでしょう。相性が良くても仕事でお互いの時間が合わなかったり、恋人がいる同士でお互い会える時間がないといったことも長続きしない要因の1つです。
こうしたポイントを押さえておけば、どんな相手なら長続きするかということが自然と分かってくると思います。相性がいい相手であることはもちろん、時間も環境も会いやすい相手であれば、自然とお互いの気持ちが相手を求める時、会いたいという気持ちが湧いてきて会う関係を続けることが出来ると思います。